サンクスホーム

資料請求

贅沢で楽しい「持ち家一人暮らし」を、LIMINIの平屋で。

一人暮らしの住まい

「おひとりさま」という言葉をよく聞くようになって、どのくらい経つだろう。生涯未婚率が上がりつつある今日、一人で生きるという選択肢は珍しいものではなく、ましてや恥ずかしいことではなくなった。焼肉や映画、バーはもちろん、テーマパークやキャンプへも一人で。私たちは皆、自分の思うように、自立した人生を楽しむことができるのだ。

それでは、住まいはどうだろう。

〈一人暮らし 住まい〉で検索をかけると、まずワンルーム・1LDKがヒットする。画面に並ぶ「単身用マンション」「狭い部屋をおしゃれに」という言葉に、一人暮らしの限界をどうしても感じずにはいられない。多くのシーンで「おひとりさま」「ソロ活」が浸透し、それに応じたメニューが用意されているのに、生活の大部分を占める 住まいだけが、いつまでも変わらないままなのだ。

ここでもう一度考えたい。

一人暮らしは、マンションが限界なのか?

一人暮らしだったら、狭い部屋を工夫して過ごさなくてはいけないのか?

答えはきっとNOだ。

筆者はこの記事で、新しい選択肢「持ち家一人暮らし」について検討してみようと思う。

考え直したい、賃貸と持ち家のメリット・デメリット

学生時代の名残りだろうか。一人暮らしは賃貸だという、暗黙の了解みたいなものがある。

しかしもちろん、一人暮らしだって、持ち家を持っていい。

問題は、メリットとデメリットのバランスだ。

一番は、引っ越しができるかできないかだろう。

転勤族の方は、その性質上どうしても自分の家を持ちづらい。そういう方はやはり賃貸のほうが便利なのだと思う。

だけど転勤もなくその地に住み続けることができて、しかもある程度生活にゆとりがあったとしたら。

賃貸に住み続ける意味ってなんだろう?

持ち家の場合ローン返済の心配もあるだろうが、考えてみれば、賃貸だって支払いはずっと続く。逆に持ち家なら、ローンを払ってしまいさえすれば、それは自分の財産になるのだ。条件によっては、月々の家賃と変わらない支払いで済む場合も。しかも、ローンが完済すれば家賃の心配は不要。老後、住む場所があるという安心感を得ることができる。

また余談だがサンクスホームでは、「残クレLive」という業界初のシステムを導入している。家賃支払感覚で新築に住めて、しかも5年後には住み替えも可能という、人生の負担にならない新しい住み方。こういったシステムを使えば、持ち家がより現実的になりそうだ。

以上を踏まえて、ひとまずは ご自身にとってのメリットとデメリットを考えてみてほしい。今だけでなく長い目で見たときに、自分の人生にとってどちらが有意義だろう?

ここからはもう少し踏み込んで、持ち家だからできることを考えてみよう。

一人暮らしに最適なミニマルでシンプルな平屋

マンションに住んでいると、上の階や、隣の部屋の物音にストレスを感じたり、かえってこちらも気を遣って、必要以上に疲れてしまったりすることが多々ある。

仕事帰り、本当ならホッとしたいマイホーム。好きなことで癒されたいところだけど、夜遅いと好きな音楽もかけられない。夜に限らず日中だとしても、なんとなく大きい音は出しづらい。ギターなどの楽器もヘッドホンをつけないと弾けないし、ちょっとDIYをしたくても、周りの迷惑にならないかと気になってしまうのだ。


だけど、戸建てなら?

おそらく、もうそんな心配はしないで済むかもしれない。

好きな音楽が聴けるし、楽器が弾けるし、映画も、DIYも、周りを気にせず楽しむことができるだろう。

しかしここで、ひとつの懸念が聞こえてくる。

「戸建てがいいのは分かるし持ち家は憧れだけど、自分にはtoo muchじゃないか」

…戸建てのイメージって、おそらく二階建ての大きな家。そういう家をマイホームとして管理する自信がない、と思う一人暮らしの方は、やはり少なくないようだ。

そこで筆者は思う。それじゃあ、平屋はどうだろう?

平屋のワンルームなら、持ち家の良さはそのままに、自分の目の届く範囲で自由に暮らすことができるんじゃないだろうか。

そうして見つけたのが、「ゼロLDKの究極の平屋」だ。

これからご紹介するLIMINIの4つのリビングが、「おひとりさま」と抜群に相性が良いと、最近注目を集めているらしい。

LIMINIの究極の平屋に住んだなら

LIMINIが提案するのは、ゼロLDKをベースとした究極の平屋。間取りには一切の無駄がなく、大きすぎず、狭すぎず、シンプルな程よい空間で、暮らしに潤いをもたらしてくれる。

パッケージとして展開する4つのリビングで、それぞれの暮らしをより具体的に想像してみたい。


ゆったりと流れる時間を静かに楽しみたい方には、『コティ』がいいだろう。

ファサードの大きな壁がプライバシーをしっかりと守り、中と外との空間を心地よく分けてくれる。ベッドルーム、キッチンダイニング、リビングルームがゆるやかに繋がっているので、自分の暮らしを一望できるところも良い。星空の下プライベートな中庭でお酒を飲む時間は、マンションのベランダで過ごすそれとは比べものにならないくらい 豊かなはずだ。


収集癖のある方には『ルートゥ』をおすすめしたい。リビングスペースの広い壁にDIYで棚を付け足せば、圧巻のコレクションラックになりそうだ。これまで集めてきたアートや本、靴、アイウェア、プラモやフィギュア、ミニカーなど…思い思いのアイテムを、自分が眺めるためだけに並べられたら、どんなに素敵だろう。それでもまだ収納が足りないという方のために、ロフトのご用意も。いつまでも趣味を全力で楽しめる、大人の秘密基地のような平屋である。


インテリアにこだわりのある方には『ポルク』を。外観を占める大きなウィンドウから、あえて見えることを前提とした小道(廊下)が、デザインとしても間取りとしても特徴的だ。外から見える分、照明や小物は妥協せず選びたい。ショーウィンドウのように暮らしをデザインすることで、より丁寧に毎日を重ねることができそうだ。


アウトドア好きの方には『ペルへ』はどうだろう。このモデルの最大の魅力は、なんといっても4.5帖の広さがある土間。今まで出し入れに苦労していたキャンプ用品も、玄関に用意されたこのスペースに置いてしまえばいい。仕事に行くたびに、帰ってくるたびに、次の一人キャンプを想像して楽しい気持ちになることができるかもしれない。

可能性いっぱいの「持ち家一人暮らし」

『コティ』『ルートゥ』『ポルク』『ペルヘ』の4つのスタイルで叶う「持ち家一人暮らし」をご紹介した。

これらの家では、もちろん音楽を好きなだけかけていいし、楽器を演奏していいし、DIYを楽しんでいい。ペットと暮らしてもいいかもしれない。持ち家とは、自分のあらゆる「好き」を思いきり詰め込んでいい宝箱なのだ。

「おひとりさま」が当たり前となった今、一人暮らしにもさまざまな選択肢があっていいはず。

ちょっと贅沢だけど、とびきり楽しい「持ち家一人暮らし」。素晴らしい可能性のひとつとして、心に留めていただきたい。


TOPへ戻る
メールでお申し込み
コンセプトブック進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学