サンクスホーム

資料請求

バレンタインデーは、暮らしの延長にあるキッチンで、手作りチョコを。

バレンタインチョコ、買う?作る?

チョコレートフェアが、至るところで開催されている。

もうすぐバレンタインデーだ。

日本では、女性が 想いを寄せる男性にチョコレートを渡す日として、広く知られているイベント。

近年では恋人への「本命チョコ」だけでなく、友達と贈り合う「友チョコ」、男友達にあげる「義理チョコ」、自分のために購入する「マイチョコ」、そして会社の男性に贈る「社交チョコ(シャコチョコ)」などなど…さまざまなバレンタインチョコレートの種類があるらしい。

そんな多種多様な贈り相手を網羅すべく、近年ではバレンタイン限定商品の価格帯やパッケージのデザインも多岐にわたり、イベントにあわせて各地で開催されるチョコレートフェアは 毎年大賑わい。一年間にイベント事は多くあれど、かなり人気の高いイベントのひとつだと言えるだろう。

さて、そんなバレンタインデーだが、あなたはチョコを買う派?作る派?

バレンタインチョコやお菓子に関わらず、ご飯でも。

お店でしっかり用意されたものを楽しむ良さもあれば、自分で材料を買って、作って、口にするまでの、一連の流れを楽しむ良さもあるだろう。

…そういう意味では もしかすると、食の時間をより長く楽しむことができるのは、「作る派」なのかもしれない。

この記事では、そんな「作る派」の楽しみと悩みについて、フィーチャーしてみたい。

あなたがチョコを手作りする理由/手作りしない理由

正直筆者はお菓子作りを億劫に感じるタイプなので、買えばいいや、と思う。種類も豊富だし、形も歪じゃない。確実だ。

だけど、作る楽しみだって、本当はよく知っている。

学生の頃の調理実習、みんなとワイワイ何かを作るのは面白かったなぁ、とか。それこそバレンタインデーに向けて、親友と恋バナをしながらバレンタインチョコを作ったこともあったっけ。

ともかくお菓子作りや料理っていうものは、その行為自体楽しいもので、こうして人生の大切な思い出にもなり得るのだ。だから大袈裟かもしれないけど、それは生活を豊かにしてくれる、もっとも身近な作業だと言うことができると思う。

また、このコロナ禍でもその精神的な役割は見直されているようで、昨年の自粛期間中は、お菓子作りがとても流行って、スーパーからパンケーキミックスが消えたそうだ。

その流れは、今も続いているんじゃないだろうか。リモートワークなどで家にいるぶん、ストレス発散の役割としても、きっとお菓子作りは秀逸なのだろう。

バレンタインデーにチョコレートを手作りする人は、今年もまた増えるに違いない。

しかし、筆者のようにお菓子作りを億劫だと感じる人間は、やはりなかなか手作りに踏み切れない。

それじゃあ、何が億劫に感じさせるのだろうか?

楽しい記憶も持っているはずなのに、どうして?

それは もしかしたら、住んでいる環境のキッチンの在り方にも、原因があるのではないだろうか。

狭いキッチン。

閉ざされたひんやりとした空間。

いわゆる「家事としての料理をするため」のキッチンでは、バレンタインデーにお菓子を作る心の余裕も生まれない。

そこで、こんなところでお菓子作りができたらと思えるキッチンを、ここにご紹介したい。

リビングの延長、ゼロLDKの一角にあるキッチンは、お菓子作りや料理が好きな人々のあいだでも、人気を集めているようだ。

暮らしの延長にあるキッチンで、時間を味わいながら

LIMINIという究極の平屋に用意されたキッチンは、あまりキッチンという感じがしない。なんというか、あまりにも空間に馴染んでいる。「暮らしの延長にある」という印象だ。

|LIMINI-インダストリアルスタイル(キッチンは「WOOD ONE」のクロムク。ステンレス×無垢の木×アイアンの組み合わせに心くすぐられる男性も多い)

それぞれのキッチンは、ゼロLDKのうち「人がもっともよく集まるポイント」のそばに設置されている。生活の気配を感じながら 料理やお菓子作りができるところが良い。

料理がただの家事ではなく、暮らしに寄り添ったものだということを、思い出させてくれそうだ。

|LIMINI-ベーススタイル(キッチンは「LIXIL」のシエラ。飽きのこないシンプルなデザインなので、インテリアの気分に合わせて表情を変えて楽しみたい)

LIMINIのキッチンスペースは、ゼロLDKという限られた空間の中でも 驚くほど広々と用意されている。この無駄のない間取りこそがLIMINIのこだわりであり、真骨頂。キッチンに立つと、もっともそれをよく感じていただけると思う。

また、モデルハウスの写真でお分かりいただけるように、キッチンは それぞれのコーディネイトスタイルに合うよう用意されており、そのデザインセンスも好感度が高い。「家事としての料理をするため」で終わらせない、生活を豊かにするためのスペースとして、大切に考えられていることが伺える。

|LIMINI-ツールスタイル(キッチンは「toolbox」のオリジナルキッチン。必要最小限な収納はミニマルな暮らしにぴったり)

家に流れるゆったりとした時間を、食という日常に不可欠な行為を、より丁寧に味わえるキッチン。

ここでの料理やお菓子作りは、幼い頃の楽しい記憶のように、新しく、大切な思い出となってくれそうだ。

日常に作るという楽しみを

これまでは、キッチンに立つ時間を短くしようとばかり思っていたけれど、ここではそうならないかもしれない。料理やお菓子作りが億劫な人でも、これらのキッチンなら、マンネリしていた その作業を楽しめそうな気がした。

自分のために、誰かのために、その時間をじっくりと味わってみたい。

そしてそんな時間の積み重ねこそが、きっと「日常を豊かにする」ということなのだ。

さて、バレンタインデー、あなたはチョコを買う派?作る派?

豊かな生活の中で作られたチョコレートは、たぶん既製品よりも温かく、確実に、あなたの大切な人の心に届くはず。

バレンタインデーは、暮らしの延長にあるキッチンで、手作りチョコを。

きっとチョコレートだけでなく心も溶けて、空間に、優しい甘さが香っていくだろう。


TOPへ戻る
メールでお申し込み
カタログ進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学