サンクスホーム

資料請求

「暮らし方」と「住まい」を見直す大掃除

年末は大掃除!

クリスマスが終わるとあっという間に年末。年末といえば、大掃除だ。…はぁ。こんな書き出しだけで、つい、ため息をついてしまう。

大掃除を億劫だと思わない人っているんだろうか。

どうして普段から、もっと綺麗にしてこなかったんだろう。ちょっとずつでもやっていれば、こんなに大変な思いはしないのに…。そう一年を振り返り、来年こそはきちんと掃除するぞと、いま自分に言い聞かせている方もいるかもしれない。

この記事は、筆者を含め、今年の大掃除を億劫に感じている方にお読みいただきたい。

年末の大掃除の必要性

そもそも、アメリカをはじめ大掃除を春に行う国もあるのに、どうして日本は年末なのだろう。

日本の大掃除は、じつは平安時代から続く伝統的な文化。お正月の神様・歳神様(としがみさま)を、失礼なく家に迎えるための準備として、行われるようになったそうだ。この歳神様は、新年に幸せを運んできてくれるありがたい神様なのだという。

…ただ、「歳神様が来るなら年末に大掃除をしなくちゃね!」と素直に思う方は、現代において少ないかもしれない。これはあくまで歴史的な話で、現在の理由は、やはりその生活スタイルにあるのではないだろうか。

日本の場合、年末年始に長い休みを取りやすく、年末だったら集中して掃除ができるという理由がある。時間もかけられるし、家族揃って協力しながら掃除できるので、効率がいい。

そして何より、新年を前に家を綺麗にすることで、とてもいい気持ちになる。

幼い頃から「初詣」「書初め」などという行事を通して『1月1日から新しい目標を掲げる』ということに慣れてきた私たちにとって、お正月はやはり特別なもの。大掃除が億劫だなんだと文句を言っても、やっぱり大切な節目であるお正月は、スッキリとした美しい部屋で過ごしたい。

年末の大掃除が欠かせない行事なのは、新しい気持ちで、健やかに新年を迎えるためなのだ。

意外と大変な掃除場所

大掃除といえば、キッチンの換気扇や、エアコン、お風呂や洗面所の排水溝など、ラスボス級の掃除場所がたくさんあるが、筆者が意外と面倒だと感じるのが、窓ガラス・網戸と、床、そしてクローゼットである。

窓ガラスと網戸は、普段なかなか掃除をしない。それに、家中の窓を数えると、結構数が多いのだ。一軒家で二階建てなら尚更。掃除道具を持って階段を昇り降りするのも、一苦労。

それに当たり前だが、窓には表と裏がある。外側は土や砂、雨で汚れているし、内側はて手アカやホコリ、キッチンの油などでベトベト。ピカピカでクリーンな窓にするまでには、いくつかの掃除道具を使い分け、いくつかの段階を踏まなければいけないので、時間もかかる。

床も、数が多いという点で面倒。

窓に比べたら普段から掃除はするけれど、本気の水拭きはなかなかできないので、わりと黒ずみが目立っていたりする。そして、ドアの死角の掃除のしづらいこと。部屋が複数あるからこそ生じる無駄なスペースは、掃除の際、結構なストレスになるものだ。

クローゼットは、とにかく埃が溜まりやすい。それに隅々まで綺麗にするには一旦服を全部出さなくてはいけないので、その作業も面倒である。そしてその間に「こんな服あったっけ?」という化石が発掘されたりして、これを機に断捨離しようなんて思ったりもしてしまうので、大掃除の時間を引き延ばす刺客のような存在だ。

以上、掃除に対する文句を色々と並べてみたけれど、掃除そのものへの解決策をあいにく筆者は持ち合わせていない。

しかし、あなたがもし 今の家を持て余しているのなら こういう解決策もあることを、次にご紹介したい。

掃除はなぜ大変だと思うのか

大掃除が大変だと感じる方には、二通りのパターンがある。

まずは、そもそも極端に掃除が苦手な方。

そして次に、家族に対して家が大きすぎる方だ。

前者はもう仕方がないので、こんまりさんのYouTubeを見ることを是非おすすめしたい。

ここでフィーチャーするのは、後者。

一人暮らしかご夫婦で広めのマンションに住んでいる方や、子供が巣立って夫婦で一軒家に住んでいる方など、色々なかたちで「暮らし方」と「住まい」にギャップを感じている方って、多いんじゃないだろうか。

そんな方々にこそ知っていただきたいのが、LIMINIが提案する究極の平屋である。

この平屋、なんとゼロLDK。

引き算されたこのシンプルな間取りを、究極と呼ばずしてなんと呼ぶだろう。

もしも、あなたが この家に住んだなら、先の大掃除への悩みはほとんど払拭される。

掃除のために掃除道具や水の入ったバケツを二階まで運ばなくてもいいし、死角がないので最初からホコリも溜まりづらい。また、家の中には「普段使うスペース」しかないので、日常の掃除だけで綺麗に保つことができ、従来のイメージほど大層な大掃除も必要なくなるかもしれない。

そして何より、無駄なものを増やしてしまうジレンマから、あなたは解放されるのだ。できる限り少ない収納に、オープンクローゼット。考えてみてほしい、いつもクローゼットの奥から出てくる服は、果たしてあなたの人生に必要なものだろうか?物置に忘れられたキャンプ用品は、レンタルじゃダメ…?

大掃除を煩わせる存在って、じつは持たなくてもいいものだったりする。

家が大きいばかりに、収納が多いばかりに、ついつい保管してしまっていた沢山のものを、思い切って手放してみてはどうだろう。

あなたの「暮らし方」に寄り添ったミニマルでシンプルな空間は、自然とあなたをミニマリストに進化させる。日常的に掃除が行き届き、いつもスッキリと美しい部屋。そうすればきっと、大掃除なんてへっちゃらだとさえ 言えるようになるかもしれない。

掃除をきっかけに「暮らし方」と「住まい」を整える

間取りや収納を工夫することで、生き方はずいぶん楽になる。

今年は大掃除をきっかけに、「暮らし方」と「住まい」のバランスを見直してみるといい。

必要以上のものを持たず、綺麗が続くゼロLDKの平屋には、歳神様もきっと幸せを運んできてくれるだろう。


TOPへ戻る
メールでお申し込み
コンセプトブック進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学