サンクスホーム

資料請求

〈バルミューダ(BALMUDA)〉でコーディネート!五感を楽しませるキッチン

毎日をさらに楽しむために、キッチン空間を工夫する

「暮らし」と「キッチン」は、切っても切り離せない関係にある。〝食べること〟が生きていく上で必要不可欠な我々にとって、料理をするということはとても自然な行為であり、また楽しみでもあるからだ。

だから、できればマイホームには、素敵なキッチンがあると嬉しい。使い勝手だけでなく、目で見ても幸せになれるような、そんなキッチン。お気に入りのキッチンがあれば、料理時間だけでなく暮らしそのものが、きっと豊かなものになるだろう。

人によって、理想のキッチンの条件はさまざまだ。

キッチン自体の広さ、高さ、蛇口、コンロ、色、質感・・・これらは、家を建てる際に検討すること。

今回は、家を建ててからでも考えられる、理想のキッチンのための工夫をご紹介したい。

トースターや電子レンジ、電子ケトルなど、毎日触れるキッチン用品。

あなたは、こだわりのアイテムで、キッチン空間をコーディネートしていますか?

デザイン×性能で、贅沢にキッチン用品を選ぶ

インテリアのように、キッチンをコーディネートする感覚で、キッチン用品を選んでみよう。

暮らしにこだわりを持つ方へおすすめしたいのが、東京発の家電メーカー〈バルミューダ(BALMUDA)〉だ。

デザインも性能も妥協しない、スマートなキッチン用品が揃う〈バルミューダ〉。

「BALMUDA The Toaster」をご存知の方も多いだろう。高価格帯ながら究極のトースターとして人気を集め、「GOOD DESIGN AWARD 2015」で金賞を受賞。憧れのキッチン用品として、インテリア雑誌などにもよく取り上げられている。

|『LIMINI(リミニ)』のモデルハウスにも

数千円でトースターが買えるこの時代に、数万円するトースターは贅沢だろうか?

たしかに、トースターを買うと考えると、ちょっと高いかもしれない。

トースターに限らず、〈バルミューダ〉の製品はやや高価だ。

だけど、インテリア雑貨を買うとしたらどうだろう。

こだわりの家具や照明に比べたら、〈バルミューダ〉のキッチン用品は、さほど高くない。

「暮らし」と「キッチン」は、切っても切り離せないもの。だからこそ、「暮らし」をより豊かにしたい人にとって「キッチン」は、性能だけを追い求める場所ではないはずだ。

毎日使う場所なのだから、実はキッチンこそ、最も贅沢をしてもいい場所なのかも。

インテリア雑貨を選ぶつもりで、性能もデザインも妥協しないキッチン用品を取り入れたい。

キッチンをインテリアコーディネートして、五感を楽しませる

キッチン用品もインテリア雑貨として楽しむと決まれば、カラーコーディネートにもこだわりたい。

ブラックならブラックで統一して。ホワイトなら、ホワイトで合わせて。

ブラックは、天然木×ブラックアイアンのインテリアとも相性が良さそう。サンクスホームが提案する究極の平屋『LIMINI』のラインナップなら、「インダストリアルスタイル」か、「ナチュラルスタイル」か。

逆にホワイトは、プレーンで優しい雰囲気でまとめてみたい。「ツールスタイル」や「ベーススタイル」にぴったりだ。

〈バルミューダ〉のこだわりは、その質感にも表れている。

指紋がつきにくいパウダーコートが施された表面は、なんとも上品。触れるたびに嬉しくなってしまうような高級感のある見た目をしている。指を滑らせたときの、なめらかな音も素敵だ。

音といえば、〈バルミューダ〉は軽快な操作音も魅力的。忙しい朝も軽やかに過ごせそう。

|(上段)BALMUDA The Pot / BALMUDA The Toaster (下段)BALMUDA The Range

思うに〈バルミューダ〉のようなキッチン用品は、五感を楽しませるアイテムと言えるのではないだろうか。

味覚や嗅覚はもちろん、視覚、触覚、聴覚にも妥協がない。

五感が喜ぶというのはつまり、気分が上がるということ。

〝食べること〟を通して、毎日をちょっとご機嫌にできるなら、こんなに最高なことはない。

キッチンに立つ時間に癒されるので、疲れていても、何か作りたくなるかもしれない。

夜眠る前、次の朝食べるパンにワクワクして、幸せな気持ちになるかもしれない。

休日には、試したことのないお菓子作りにチャレンジしてみたくなるかもしれない。

「暮らし」の当たり前の時間を、ちょっとだけ特別にしてくれるような魅力が、〈バルミューダ〉でコーディネートするキッチンにはある気がした。

ゼロLDKだからこその、キッチンの新しい在り方

ゼロLDKの究極の平屋『LIMINI』。各ラインナップの計算された住宅デザインは、〈バルミューダ〉のこだわりのキッチン用品を揃えて置いておいても引けをとらない。むしろ引き立てあって、より魅力を味わうことができそうだ。

そして実はこの『LIMINI』、住宅デザインだけでなく、その特徴的な間取りゆえに、キッチンとの相性がとても良い。

『LIMINI』はゼロLDK。ひとつの大きなリビングなので、家の大体の場所から、キッチンが目に入る。つまり、五感が行き届く間取りなのだ。キッチンに詰め込んだこだわりを、日常的に、余すことなく味わえるだろう。

キッチンが目に入り、五感が行き届く間取り。逆を言うと、通常の間取りの家よりも、リビングとキッチンにおけるインテリアの統一感が求められるのかもしれない。

キッチンを見えないよう隠す家もある中で、インテリアにこだわるというのは大変なことだろうか?

…それはもちろん、悩むこともあるだろう。だけど同時に、大きな楽しみにもなるはずだ。

〈バルミューダ〉のようなキッチン用品で、インテリアコーディネートする楽しさ。そんな豊かな余白を味わえるベースとして、『LIMINI』はおすすめの間取りである。

『LIMINI』と理想のキッチン

〈バルミューダ〉のキッチン用品で、インテリアコーディネートして楽しむキッチンについて、ご紹介した。

ゼロLDKの空間で、ふとしたとき目に付くその佇まいに、あなたはきっと「暮らし」のゆとりを見出すだろう。

自己満足でもいい。一番大切なのは、“自分の”気分が上がるかどうかなのだから。

〝食べること〟という日常的な行為を、時間を、この機会に丁寧に見つめ直してみよう。

そこにはきっと、より豊かな「暮らし」が待っているはずだ。

|実際の住居に置いてある様子(A様邸)素敵な〝五感〟が暮らしを満たしていた
A様邸の取材記事はコチラから
実際にバルミューダのコーディネイトされたお家の見学はコチラから


TOPへ戻る
メールでお申し込み
カタログ進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学