サンクスホーム

資料請求

平屋は寒い?その原因と失敗を防ぐテクニックを徹底解説!

平屋は間取り次第で、寒さを感じやすい家になってしまうことがあります。

せっかく新しい家を建てたのに、寒くて過ごしにくいのは困りますよね?

今回は平屋が寒くなる原因と、その対策を詳しくお伝えします。

温かい空気が広がる間取りにする

平屋は全ての部屋が同じ階にあるため、1階の面積が広くなります。

すると暖房している部屋から離れた場所は、どうしても寒くなりがちです。

たとえば脱衣室がリビングから離れていると、冬にお風呂に入るとき寒さを感じてしまいます。

そのため平屋を作るときは、暖房した暖かい空気が広がりやすい間取りにしてみましょう。

できるだけ廊下を作らないようにして、直接リビングから脱衣室に入れるようにすると暖かい空気が届きやすくなります。

もちろんドアを開けたときにリビングから中が見えない配置にしたり、目隠しの壁を作ったりなどの配慮が必要です。

間取りを少し工夫して、快適な平屋をさらに過ごしやすい住まいにしましょう。

日当たりの悪い部屋を暖かくする方法

平屋を建てる敷地の幅が十分でないと、北側に配置する部屋ができてしまい、日当たりが悪く寒さを感じやすくなります。

このような場合は高気密・高断熱の家にして、外から寒さが入りにくくすると良いでしょう。

高気密・高断熱の家とは、熱を遮る力の強い断熱材を壁の中に入れ、窓も熱の出入りの少ないものを使います。

さらに隙間を少なくすることで、外からの暑さ寒さの侵入を防ぎます。

こうした家なら冬の寒さが入ってこないため、北側の部屋でも暖かく過ごせます。

平屋を作るならぜひ、高気密・高断熱の家を選ぶようにしましょう。

2階建てより有利なところもある

住まいを暖かくするうえで、平屋は2階建てより有利な点もあります。

それは一つの部屋で暖房した暖かさを、家全体に届けやすいところです。

先ほどお伝えしたような、暖かさが広がりやすい間取りにすれば、リビングの暖房が家のすみずみまで届きやすくなります。

さらに主寝室や子供部屋も1階にあるため、ドアを開けておけば自然と暖まるでしょう。

つまり平屋ならリビングのエアコン1台で、家全体を暖めることができるのです。

2階建てはどうしても各階に暖房器具が必要で、当然電気代もかかります。

平屋は住む人に優しいだけでなく、省エネでお財布にも優しい住まいになのです。

まとめ

平屋は1つの階が広いため、リビングから離れた場所が寒くなりがちです。

また敷地の条件によっては北側の部屋ができてしまい、日当たりが悪く寒くなることがあります。

しかし間取りや家の断熱性能をしっかり検討することで、そうした寒さを防ぐことができます。

今回お伝えしたポイントを参考に、冬も快適な平屋を作るようにしてください。


TOPへ戻る
メールでお申し込み
カタログ進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学