サンクスホーム

資料請求

和モダンの平屋を建てるコツ!癒しデザインの3つのポイント

おしゃれさと、落ち着いた雰囲気を備えたデザインで人気の和モダン。

ただ実際に自宅で作るとなると、どんなところに気をつけてデザインを考えれば良いか難しく思えます。

そこで今回は和モダンなデザインの平屋を作るための、3つのポイントをご紹介します。

木の素材で自然な風合いに

和モダンな住まいで、まず取り入れたいのが木の素材感です。

床やドア枠、壁と天井の境目にある廻り縁など、細かな部分に木調の材料を選ぶと和な雰囲気になります。

他にも天井を貼らずに木の骨組みを見せる「表し仕上げ」も、より和を感じさせてくれます。

特に平屋はすべての部屋の上が屋根なので、2階建てに比べて表し仕上げが作りやすくなっています。

木の素材の色合いは、古民家風にするなら濃い茶色を、ナチュラルな和の雰囲気にするなら明るい木の色がおすすめです。

部屋の細かな部分もできるだけ木の素材を選ぶと、自然と落ち着きのある和モダンな雰囲気になるでしょう。

漆喰調のクロスで質感をアップ

さらに壁の質感でも室内に和のテイストを加えられます。

和紙調の壁紙を選ぶと、落ち着いた雰囲気の中にさりげなく和の雰囲気をプラスできます。

色合いは白系なら清潔感と明るさのあるイメージになり、少しベージュを入れると安らぎが感じられます。

また漆喰や珪藻土といった塗り壁で仕上げると、質感がさらに和の雰囲気に近づきます。

塗り壁の表面のざらつきが独特の味わいを感じさせ、和モダンな住まいにとてもよくマッチします。

ただし塗り壁は年数がたつと、細かなひび割れが起きることがあります。

そのため壁紙の上に漆喰などを塗り固め、ひび割れを起きにくくした漆喰クロスもあります。

塗り壁特有のざらつきはしっかり感じられるため、住んでからのメンテナンスを考えて選んでも良いでしょう。

落ち着いた照明で安らぎを

和モダンな住まいを作るなら、照明選びもとても大切です。

和紙調カバーの吊り下げ照明を選ぶと、懐かしい民家のような雰囲気になります。

逆にモダンなテイストを強めたいなら、天井に埋め込むダウンライトもおすすめです。

光に温かみのあるオレンジの電球色を選べば、現代的でありながら和のテイストを感じられます。

さらにシンプルで和なデザインのフロアライトを部屋の隅に置くと、室内に上品さが加わります。

照明も時間をかけてしっかりデザインすると、夜にはまた一味違った和モダン空間が出来上がるでしょう。

まとめ

枠材に木調素材を使い壁を塗り壁で仕上げると、癒やしを感じられる和モダン空間になります。

さらに照明器具のデザインや光の色合いもしっかり選べば、夜もとてもおしゃれな雰囲気になります。

しかしこれらの内装を組み合わせたときに、全体はどんなデザインになるのか、お客様だけではなかなかイメージしにくいと思います。

和モダンな住まいを考えるなら、住宅会社と相談しながら検討すると間違いがありません。

まずはどんな和モダンのデザインがあるか、お近くの住宅会社に実例写真などを見せてもらってはいかがでしょうか。


TOPへ戻る
メールでお申し込み
カタログ進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学