サンクスホーム

資料請求

老後に優しい平屋とは?段差なし以外に気を付けるべき3つのポイント

  

平屋は2階への移動がなく、老後に優しい住まいとして知られています。

しかしせっかく平屋を作るなら、さらに配慮をして体に負担のない住まいにしてはいかがでしょうか。

  

今回は平屋をより安全に使えるようにするための、3つのポイントをご紹介します。

  

脱衣室を暖かくする

脱衣室が寒いと、お風呂に入るために温かいリビングから移動したときに、血管が収縮して血圧が上がってしまうことがあります。

この急な血圧上昇が高齢者の心臓に負担を与え、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすのがヒートショックです。

残念ながら脱衣室で多くの方が、ヒートショックで亡くなっています。

  

このヒートショックは高気密・高断熱の家を作り、脱衣室を温かくすることで防ぎやすくなります。

性能の良い断熱材や窓で外からの寒さの侵入を防ぐことのできる、安全な住まいを作るようにしましょう。

  

スロープを計画しておく

  

将来足腰が弱ったときにスロープを作ろうと考えているなら、そのスペースをあらかじめ計画しておくようにしましょう。

スロープとは緩い傾斜の歩道のようなもので、歳を取って玄関の階段を上がるのが大変になったときに役立ちます。

  

しかしスロープは傾斜が緩やかなので、かなり長い距離が必要です。

そのため歳を取ってからスロープを作ろうとしても、そのスペースが無く断念することがよくあります。

  

住宅会社の人にスロープを予定していることを伝え、しっかり作る場所を計画しておくことをおすすめします。

  

ゆとりの一部屋を作ろう

  

老後の住まいは、多くの方がご夫婦2人のコンパクトな間取りを計画します。

しかし敷地や予算に多少ゆとりがあるなら、ゲストルームとして使える部屋をプラスしてはいかがでしょうか。

  

お子さんが独立して遠くにいるなら、泊まれる部屋があった方が足を運びやすくなるはずです。

小さなお孫さんを連れてきたときは、静かにお昼寝をさせてあげることもできます。

ご夫婦二人の穏やかな生活も悪くありませんが、たまにはみんなで集まって楽しく過ごすのも良いですよね。

  

また普段は趣味を楽しむなど、多目的に使うことができます。

より楽しく過ごせる住まいにするため、ゆとりの一部屋をぜひ検討してみてください。

  

まとめ

現在は家の中に段差が無いのは当たり前になっています。

しかしそれだけで、老後に優しい住まいになるとは限りません。

  

今回ご紹介した配慮もできる限り取り入れて、より安全で快適な平屋を作るようにしましょう。

  


TOPへ戻る
メールでお申し込み
カタログ進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学