サンクスホーム

資料請求

平屋の屋根に太陽光パネルは乗せるべき?今でも注目されるメリットを解説

新しい住まいを建てたいけど「電気代がいくらになるか心配」という声を聞くことがあります。

しかし太陽光パネルを屋根に乗せれば、自宅の電気に使えて余った電気を売ることもできます。

特に平屋は太陽光パネルを乗せるうえで、メリットの多い住まいの形です。

ここでは平家に太陽光パネルがおすすめの理由を、わかりやすく紹介します。

平屋は大きなパネルを乗せられる

平家は屋根の面積が大きく、太陽光パネルをたくさん乗せられるメリットがあります。

同じ床面積の総2階の家と比べ、ほぼ2倍の屋根の大きさがあるからです。

多くのパネルが乗せられれば自宅の電気代が抑えられ、しかも余った電気を売る収入も増えます。

また太陽光パネルは南に向けられない立地では、発電量が少なくなることがあります。

しかし平屋のように大きな太陽光パネルが乗せられれば、南向きではない家でも十分な発電量が確保できます。

屋根の大きい平屋と太陽光パネルの組み合わせは、さまざまなメリットがあるのです。

メンテナンス費用も抑えられる

太陽光パネルを平屋に乗せると、将来のメンテナンス費用でもメリットがあります。

平屋は屋根が大きく、将来の屋根材のメンテナンスコストがかかります。

しかし太陽光パネルを屋根に乗せれば、屋根材を保護しメンテナンスコストを抑えてくれます。

いずれ太陽光パネルをメンテナンスするとき、平屋は2階建てのような足場がほとんどいりません。

足場は数十万円ほどかかることもあり、平屋なら大きなコスト削減になります。

太陽光パネルのある平屋は、将来もお財布に優しい住まいになります。

蓄電池と組み合わせて災害時の備えに

近ごろ注目を浴びているのが、災害時の非常用電源としての太陽光パネルです。

地球温暖化の影響などもあり、自然災害が増え広範囲に停電する事態が起きています。

停電が長い時間になれば冷蔵庫の中の食品は傷み、夏や冬には冷暖房が動きません。

しかし太陽光パネルがあれば、停電でも自宅に電気を供給できます。

さらに発電した電気を蓄電池にためれば、太陽光が発電しない夜の電源にもなります。

平屋の大きな太陽光パネルなら、よりたくさんの電気をためられます。

平屋と太陽光パネルは非常時の電源として、頼もしい組み合わせになっています。

まとめ

平家は2階建てに比べて屋根が大きく、たくさんの太陽光パネルを乗せられます。

売電した電気を売る売電収入も多くメンテナンスコストも抑えられ、家計にやさしい住まいになります。

また災害時の停電では、より多く発電できるため万が一のときも安心です。

平屋の住まいをお考えの方はどれくらい太陽光パネルが乗せられるか、ぜひ一度住宅会社に相談してみましょう。


TOPへ戻る
メールでお申し込み
コンセプトブック進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学