サンクスホーム

資料請求

平屋のエアコン活用法!1台で冷暖房するための全テクニック

  

平屋は全ての部屋が同じ階にあるため、工夫をすればエアコン1台で冷暖房できます。

でも具体的にはどうすれば良いか、ご存じの方は少ないと思います。

  

ここでは平屋だからこそできる、冷暖房を効率的に効かせるテクニックを紹介します。

  

高気密高断熱住宅が前提

平屋をエアコン1台冷暖房するなら、高気密高断熱の家が前提です。

いくら平屋は全ての部屋に冷暖房が届きやすくても、暑さ寒さが入りこむ家では難しくなります。

たとえば断熱性能の高いウレタンフォームを断熱材に使えば、冷暖房した熱が逃げにくくなります。

また、冷暖房を効きやすくするために、窓をペアガラスやアルミ樹脂複合の枠にするのもおすすめです。

冷暖房がすみずみまで届きやすい平屋のメリットを生かすなら、断熱性能の良い住まいを選びましょう。

  

冷暖房が届きやすいプランにしよう

  

エアコン1台で過ごせる平屋にするにはプランも大切です。

プラン次第でエアコンからの冷暖房が、各部屋に届きやすくなるかが変わるからです。

  

まずエアコンから出る風が、他の部屋へ続く出入り口に向かうように配置します。

さらにその先の廊下を、なるべく直線にして空気が溜まらないようにします。

また、なるべくドアが少ない間取りにして、空気が行き渡るようにするのもおすすめです。

  

あるいは24時間換気の排気方向をたしかめ、換気の流れに冷暖房を乗せるテクニックもあります。

プランで冷暖房が家全体に届きやすくすれば、より効率的に住まいを快適な温度にできます。

細かなアドバイスをしてくれる住宅会社とよく相談しながら、冷暖房の動きをプランニングしましょう。

  

冷暖房効率の良い住み方

  

家の住み方でも、平屋全体に冷暖房を届けやすくできます。

たとえば風を遠くまで送り届けるサーキュレーターを、エアコンの下に置けばより早く冷暖房が行き渡ります。

部屋を使わないときはできるだけドアを開けておくと、エアコンから離れていても快適な温度になります。

  

また開けておいても邪魔にならないように、ドアより引き戸にするのもおすすめです。

小さな工夫をプラスしてあげれば、より平屋の快適性がアップします。

家の断熱性能やプランニングに加えて、冷暖房効率の良い使い方も取り入れてみてください。

  

まとめ

ちょっとした工夫をすれば、平屋をエアコン1台で快適な温度に保てます。

もちろんプライベートな部屋は、ドアを閉めることもあるのでエアコンを付けることも検討しましょう。

  

平屋の建築実績が豊富な住宅会社と協力しながら、効率的に冷暖房できる平屋を実現してください。

  


TOPへ戻る
メールでお申し込み
カタログ進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学