サンクスホーム

資料請求

平屋にビルトインガレージを作ろう!広さや設備の選び方

  

ビルトインガレージは、雨や紫外線から車を守る頼もしいスペースです。

しかし実際に作るには「どれくらいの広さや設備が必要かわからない」という方も多いでしょう。

  

そこでこの記事ではビルトインガレージの広さや、シャッターや照明の選び方について詳しく解説します。

  

ガレージの広さの目安

車を停めるには、1台当たりおよそ2.7m×5.7mの広さが必要です。

もし乗り降りや荷物の積み下ろしに余裕を持つなら、さらに30cmプラスして広さを取ると良いでしょう。

  

また自転車を置くならおおよそ90cm、原付バイクは1.2m、大型バイクは1.8mの横幅が必要です。

これらの本体の幅はもっと小さいですが、動かすときに横に人が立つ空間も取らなければなりません。

特に大型バイクは車種ごとの幅の違いが大きく、さらにゆとりを持っても良いでしょう。

  

自宅に車を2〜3台停めたりバイクも置いたりすると、意外と広いスペースが必要なのがおわかりだと思います。

ビルトインガレージを検討される方はぜひ、大きな空間が取りやすい平屋も候補にしてみてください。

  

電動シャッターでガレージを快適に

  

ビルトインガレージにシャッターを付けるなら、電動で開け閉めできるタイプがおすすめです。

電動なら車で出かけたあとに自動で閉まったり、帰ったときにリモコンで開けられたりします。

そのため天気の悪い日や夜に、シャッターの開け閉めで車を降りずに済むのです。

  

また電動は手動に比べ動作音が小さく、さらに歳を取ったときも楽というメリットがあります。

確かに故障やメンテナンスで費用はかかりますが、それ以上の快適さが手に入るでしょう。

  

ビルトインガレージを検討するなら、電動シャッターを一緒に計画することをおすすめします。

  

照明を付けるときの注意点

  

ビルトインガレージは、選ぶ照明によってより使いやすくなります。

  

たとえばビルトインガレージの中は昼間でも暗いため、人に反応して点灯するセンサー照明にするのがおすすめです。

わざわざスイッチで照明をつけなくても、車に乗り降りするときに足元が明るくなります。

  

また車が近づいたときに点灯すれば、夜でも安心して車を入れることができます。

さらにガレージの中だけでなく入り口にも照明があると、防犯効果が高まるはずです。

  

ビルトインガレージは照明を少し工夫してあげると、より安全で快適になります。

住まいを作る住宅会社とよく相談して、より便利になるよう照明を計画しましょう。

  

まとめ

ビルトインガレージは車だけでなく、住む人も雨風を受けず快適に使えます。

しかも設計の自由度が高い平屋なら、よりたっぷりとした広さのビルトインガレージが実現できます。

  

さらにシャッターや照明を工夫して付ければ、より使いやすくなります。

  

ビルトインガレージをお考えなら早めに住宅会社に相談し、しっかり打ち合わせをしながら作るようにしましょう。

  


TOPへ戻る
メールでお申し込み
カタログ進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学