サンクスホーム

資料請求

平屋でも吹き抜けはできる!開放的な勾配天井の作り方

平屋でも吹き抜けがあるような、開放的な住まいにすることができます。

それが屋根の傾斜に沿って天井を作る勾配天井です。

  

しっかりとポイントを押さえた勾配天井を作れば、平屋の快適性が大きくアップします。

ここではおしゃれな勾配天井の作り方と、住み心地を良くするための注意点をお伝えします。

  

平屋におすすめの勾配天井とは

勾配天井とは通常の平らな天井を作らず、その上にある屋根の傾斜に沿って作る天井のことです。

天井がとても高い位置になるため、頭上の圧迫感が減り開放的な住まいになります。

平屋では吹き抜けができないと悩んでいる方に、とてもおすすめの作り方です。

  

残念ながら2階の天井の高さまである、吹き抜けほどの開放感はありません。

しかし吹き抜けに比べ冷暖房が効きやすく、工事費も抑られるメリットがあります。

  

平屋をより開放的な住まいにするなら、ぜひ勾配天井を取り入れてみましょう。

  

おしゃれに仕上げるポイント

勾配天井をおしゃれにするには、天井の仕上げを少し変えてみると良いでしょう。

たとえば少し柄を入れたり壁と色を変えたりすると、見た目に変化が生まれスタイリッシュな空間になります。

  

あるいは梁や火打ちなどの骨組みをあえて見せる作りにすると、個性的な勾配天井になります。

他にも下から勾配天井をライトアップするなど、さまざまな演出方法があります。

  

よりおしゃれな勾配天井にするには他にどんな方法があるか、施工実績の豊富な住宅会社に相談してみましょう。

  

断熱性能の良い家を選ぼう

勾配天井は空間が広くなるため、通常の天井より冷暖房がききにくく感じることがあります。

そのため断熱性能の高い住まいを選び、冷暖房がききやすくすることが大切です。

  

たとえば壁の中や天井裏にウレタンフォームのような高性能の断熱材を使うと、夏の暑さや冬の寒さが家の中に入りにくくなります。

またサッシにはペアガラスを使っているかなど、窓の断熱性能を確かめることも重要です。

  

他にも熱を伝えにくい木造の家を選ぶと、より快適な住み心地になることが期待できます。

せっかく勾配天井で開放的な住まいにするなら、より冷暖房がききやすい家を作るようにしましょう。

  

まとめ

平屋であっても勾配天井にすることで、吹き抜けがあるような開放的な住まいになります。

家事が楽でお子さんとコミュニケーションが取りやすい平屋の魅力を、さらに大きくしてくれます。

  

自分たちの平屋にどのような勾配天井ができるか、ぜひ一度住宅会社に提案してもらいましょう。

  


TOPへ戻る
メールでお申し込み
カタログ進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学