サンクスホーム

資料請求

ミニマリストが注目する平屋の新たなスタイルとは

住まいは本当に必要だろうか、ローンを払うので精一杯の生活になるのでは……

そんな疑問や不安を持つ方におすすめなのが、必要最小限のプランで作る平屋です。

生活への負担が少なく自分らしい毎日が送れる、平屋の新しいスタイルを紹介します。

リビングで完結するミニマムな平屋

リビングとそのまわりで生活が完結するプランなら、住まいを最小限にできます。

特に平屋はリビングに他の部屋をダイレクトにつなぎ、無駄を省いたミニマムな家づくりが可能です。

たとえば夫婦の寝室や子ども部屋をリビングと隣り合わせにすれば、無駄な廊下を作らずに済みます。

またそれぞれの部屋を寝る、着替えるといった目的に絞れば、大きな部屋は必要ないでしょう。

そうした間取りなら家族が自然とリビングに集まり、お子さんが部屋にこもってしまう心配もありません。

リビングで完結する平屋は無駄がないだけでなく、家族の距離もぐっと近くなるのです。

シンプルな平屋で自分らしい生活を

せっかく家を建てても、ローンのために家族が楽しみをがまんする生活はしたくない……

そんな心配をされる方は、本当に必要な部分にこだわったシンプルな平屋にしてはいかがでしょうか。

たとえば毎日使うキッチンや家族が触れる床などは良質なものを使い、それ以外は一般グレードを選べばコストを抑えられます。

確かに豪華な内装や最新の設備は目を引きますが、その分だけ高額なローンになります。

そうした設備が毎日の満足になる方には必要ですが、一般的なもので十分というご家庭もあるはずです。

家を建てても家族で旅行に行ったり好きな映画を見たり、自分たちらしい生活がしたい。

そうした住まいをお考えなら、シンプルな平屋をぜひ検討してみてください。

ミニマムな平屋は将来の負担にならない

リビングまわりで生活が完結する、ミニマムな平屋は将来の負担にもなりません。

子どもが巣立ち夫婦2人だけの生活になったとき、最小限の間取りなら掃除やメンテナンスも少なくて済むからです。

もっとも良い例が2階建ての子ども部屋で、子どもが巣立てば使わなくなるばかりか体力的に2階へ上がることが難しくなります。

しかし平屋なら歳を取っても楽に掃除などができ、リビングまわりに部屋がまとまっていれば移動もスムーズです。

リビングとそのまわりで生活できるミニマムな平屋は、将来の自分たちに優しい住まいになるのです。

まとめ

住まいは本来、住む人のさまざまな負担を軽くしてくれるものです。

ゆとりある間取りや充実した装備は魅力的ですが、それによって生活が不自由になるなら本末転倒かもしれません。

一方でミニマムな平屋は、将来にわたって負担のない生活をもたらしてくれます。

ぜひ新しいスタイルの平屋で、自分たちらしい毎日を過ごしてみましょう。


TOPへ戻る
メールでお申し込み
コンセプトブック進呈
全プラン公開!
モデルハウス見学